有機EL

2011年11月03日

タブレットユーザーは高所得・高学歴のニュース好き HMZ-T1 ZTE

- - - - - - - - - -




■ タブレットユーザーは高所得・高学歴のニュース好き 米調査
(CNN) 米アップルの「iPad(アイパッド)」などタブレット型端末のユーザーは、米国人の平均より高所得、高学歴で、ニュースをよく読んでいるとの傾向が、米調査機関ピュー・リサーチ・センターの調査で明らかになった。

その結果、大卒者の割合は51%と、米国人全体の28%をはるかに上回っていることが分かった。

世帯年収が7万5000ドル(約580万円)を超えるとの回答も53%に上り、米全体の28%を大きく引き離した。
逆に、米国人の3分の1以上を占める世帯年収3万ドル未満の層は、タブレットユーザーのわずか15%にとどまった。
フルタイムの仕事を持つ人の割合も多く、米平均が41%なのに対し62%に上っていた。

性別や人種、政治上の党派などに目立った偏りはなかったが、年齢面では一定の特徴がみられた。
30~49歳の層は米人口の35%だが、タブレットユーザーでは46%と半数に迫っている。
一方、人口の17%を占める65歳以上の高齢者は、ユーザーのわずか7%だった。

わたくし微妙に当てはまってました。

新品未開封 iPad2 ホワイト 64GB Wi-Fi+3Gモデル 海外版 SIMフリー At&t


■ 世界携帯電話市場、低価格Android端末が好調のZTEがAppleを抜く――IDC調査
メーカー別の出荷台数ランキングの上位3社は前期(4~6月期)と変わらず、1位がフィンランドのNokia、2位が韓国のSamsung Electronics、3位が韓国のLG Electronicsだったが、中国のZTEが米Appleを抜いて4位になった。
Appleは、10月14日に発売された「iPhone 4S」を待つユーザーの買い控えの影響を受けた形だ。

ZTEは北米で発売した低価格のAndroid端末が好調で、出荷台数を57.9%伸ばした。
Samsungは、同日米Strategy Analyticsが発表した7~9月期の世界スマートフォン市場調査では、前年同期比271%増の2800万台を出荷し、Appleを抜いて首位になっている。

日本の会社はまだまだのようです、ガラパゴス‥

Element case Vapor Pro iPhone Case - Silver /Silver



■ 「3Dディスプレイ」&「3Dメガネ」と3Dヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」でのゲームプレイを試してみた

・3Dディスプレイ SCEJ「3Dディスプレイ」&「3Dメガネ」
・3Dヘッドマウントディスプレイ ソニー「HMZ-T1」

● 1台で2画面が見える「サイマル・ビュー」や、PSPの映像を全画面に出力する「PSP Zoom」を搭載! ゲームプレイを最優先に作られた「3Dディスプレイ」
● 体感750インチの大画面が手に入る3Dヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」でゲームプレイを試してみる
● 最後に。「HMZ-T1」と「3Dディスプレイ」の両製品を比べてみて

比較すると、「3Dディスプレイ」と「3Dメガネ」の組み合わせのほうが手前に飛び出してくる効果は高い。
ただ「HMZ-T1」は“輝度の低下や色味の変化が一切ない自然さ”という最大にしてオンリーワンな強みがある。
ゲームプレイに対しての向き不向きでは、目への負担という点で当然ながら「3Dディスプレイ」が安定している。

750インチ相当の大画面体験と有機ELによる遅延や残像のない表示は、「HMZ-T1」にしか無い。

映像やゲームによって、使う機種を分ければ良さそうですね。

PlayStation 3D ディスプレイ (CECH-ZED1J)


【11月11日発売予定】【1月お届け予定分】SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1

※10月7日18時00分以降のご注文分は2012年1月下旬以降のお届けとなります【送料無料】 【11/11...




人気ブログランキングへ eb!store Share on Tumblr

rirakkuma_gapogapo at 03:34|Permalink

2011年10月07日

SONY 有機EL HMD「HMZ-T1」 の続報 開発者インタビュー 発表 体験会




いつもありがとうございます、くま的虹管理人のくまでございます。

■ 「自分たちが欲しい商品を作った」 ソニーのヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」開発者インタビュー
クロストークが無い3D映像を有機ELパネルで
「劇場を作ったらどうか」の一言で試作機を開発
「よし、作ってみろ」とソニー幹部が即決

スクリーンは約750インチ、視聴距離は20mに決定
AVのしっかりとした鑑賞に耐えうる製品を
「グラストロン」との決定的な違いはクオリティと3D

有機ELパネルのポテンシャルを引き出す「SBMV」
映像の迫力に見合うサウンドを
試作機開発と試用を繰り返し装着感を向上させた

PS3の立体視ゲームをドットバイドットで表示。遅延もほぼゼロ
ソニーの総合力を結集した垂直統合型商品
コスト削減にも垂直統合ならではの摺り合わせが活きた
「自分たちが欲しいものを作っている」

対談方式の文で構成されております。
相当の自信作とうかがえますね

■ ソニー、有機EL HMD「HMZ-T1」の発表・体験会を開催 暗闇に浮かぶ有機ELの高画質3D。一般向け展示も
装着までの流れ
強固なホールドと没入感を高めるライトシールド
気になる映像は?
「ニーズとシーズを同時にかなえる」
の文で構成されています。

【送料無料】 HD有機ELパネル搭載 3D対応ヘッドマウントディスプレイ (HMZT1) HMZ-T1






それでは、最後までありがとうございました。 人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



rirakkuma_gapogapo at 10:59|Permalink